グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育改革

ホーム >  教育改革 >  教学IR

教学IR


教学IRとは

Institutional Research(IR)とは、意思決定を支援する、実践志向の調査のことを意味します。「機関」調査と訳される通り、もともとは大学全体レベルの調査を指すものですが、アカウンタビリティ(accountability)を 果たすために、大学には学修成果の把握・可視化 が強く求められており、実質的にはLearning Analyticsに近い機能が求められています。そのための調査・分析等の取組みのことを総じて、いわゆる「教学IR」と称しています。


高等教育院では、「教学マネジメント基本方針」に基づき、学修成果の把握・可視化や、客観的データに基づく教育改革、FD・SD研修などに取り組んでいます。


ページの先頭へ戻る