グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育改革

ホーム >  教育改革 >  FD・SD

FD・SD


教員の教育研究力向上のためのFD研修と教職員の専門的能力・資質向上のためのSD研修を計画的・組織的に実施します。
FD・SDは教育改革フォーラム、各種研修会、各種講演会を結節点にしますが、それらに収斂されることなく、日々の業務の中で組織的に実施します。


FDとは

FD(Faculty Development)は、授業の内容及び方法の改善を図るための「組織的」な活動のことであり、大学設置基準と大学院設置基準により義務化されています。「組織的」な活動ということは、各教員の「個人的」な活動に任せるのではなく、大学がFDを行う組織や委員会を設置し、検証・改善・計画・実施のサイクルを絶え間なく繰り返すことを意味しています。

FDの目的

大学教員は、日常的に学生に接することにより、学生の勉学のみならずキャリア形成や人格形成に重要な役割を果たしています。その意味で、大学教員は、学生を教育および指導する立場での専門家である必要があります。しかし、大学教員は、各自が専門とする分野における専門家ではあるものの、教育に関しては必ずしも専門家ではなく、専門家と自認していない大学教員が多いことが現状です。このことから、大学は、教育の専門家としての大学教員を養成する必要があり、そのための活動がFDなのです。

本学におけるFD活動は、教育支援センターが実施する全学的FDと、各学部・各研究科のFD委員会が実施するFDとの2段階で行われています。本ガイドラインは、全学的に実施されるFD活動の概要をまとめるものとなります。

FDの課題

上の目的を達成するため、FD活動は以下の2つを含むものとします。
  1. 個々の教職員の教育力量向上
  2. 教員全体の教育力の組織的向上
なお、上記の課題については、各部局の人材養成目的に従って作成された(1)入学者受け入れの方針、(2)教育課程編成・実施方針、(3)学位授与の方針の共有が前提となります。

ページの先頭へ戻る